ヴァイオリンメモ 20170421

ヴァイオリンを手に入れて約一ヶ月。
感想としては。すんげ―楽しい。
それと色々思ってたのと良い意味で違うって事。
先ずヴァイオリンって難しくない。そしてそんなに高価じゃない。
 
勿論、普段生活しているのとは全く違う身体の使い方をするので、練習無しで弾けるものではないけどね。
でもね、そんなに難しい物であればここまで普及はしないわけですよ。過去の音楽史の中で使い方が難しすぎて廃れてしまった楽器は無数にあるわけです。
しかもこの数十年で、練習をサポートする機器の電子化と低価格化が進んでいるので随分とやりやすくなっている。
 
そして、価格だけどね。
多分値段って事に関しては、ヴァイオリンって車に似ている。
上はフェラーリの新車から、下は十年落ちの軽自動車まで。
最初に買った物を長く使う人もいれば、買い換えたり買い足したりする人もいる。
 
多分、一台でそこそこ弾きこなそうと思うのであれば、20~30万円くらいなのだろうけど、初学者向けに7~8万円くらいの物もある。
(ただし、ネット通販などではなくて弦楽器専門店 リジカーレ Risicareみたいな所で買わないといけないけどね。楽器は車と同じで、整備しながら使うものです。値段の高安に関係なくね。)
 
もっと演奏人口が増えるといいなぁ。
楽器を習うと音楽の聴き方が分かってきて、音楽を聴くのが楽しくなる。
人生楽しい方が良いじゃない?
(*´ω`*)のほ

自動代替テキストはありません。
広告を非表示にする